~つながる・集う・育つ~ 妙行寺ホームページへようこそ

お仏壇に水は必要ですか

お仏壇に水は必要ですか

 お寺での話しの中で、たまにお仏壇のお飾りの仕方について語っておりますと、お参りされている方の中で妙な顔をされたり、照れ笑いをされたり、驚いた顔をされたりすることがあります。

どんな内容かといえば「お水やお茶は必要ないですよ」とか、「自分の頂く物をお供えしてください」等です。茶器にお茶やお水を入れてお供えをするのが当たり前と思っている方は多いですし、御命日には亡くなられた方が好きだった食べ物や飲み物をお供えされる方もいます。

 仏説阿弥陀経に「お浄土には、八(はっ)功(く)徳(どく)水(すい)(清らかでうるおいがある・臭くない・軽やかである・冷たい・やわらかである・美しい・飲むのに最適である・飲んで患うことがない)という特別なお水がふんだんにたたえられてある」とあります。

ですからわざわざお茶やお水をお供えする必要はありません。

 それでは浄土真宗のお仏壇ではお水はお供えしなくても良いのかというと、そうではありません。

お仏壇は一つにはご先祖のいる世界、つまりお浄土をあらわしており、お浄土には八功徳水があります。それを華(け)瓶(びょう)という仏具であらわしています。

華瓶とは、大切な仏具です。お仏壇の上(うわ)卓(じょく)に華瓶に水を入れて、樒(しきみ)(正式には樒ですが無ければ庭にある青木でも構いません、色花は用いない。)を挿(さ)し、一対お飾りします。お茶・お水をお供えしている方は、ぜひ華瓶へ変えてほしいものです。

 生きている者が、亡くなられた方に何かしなければならないと思っている(お茶・お水を飲んでください。これが好きだったから、食べて下さい等。)

実は、そうではなかったのだ、私の方がご先祖から案じられていたのだと気付いていただければと思います。その為に、お浄土の世界を味あわせて頂くお仏壇のお飾りは正式なものであってほしいものです。

戻る

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional