~つながる・集う・育つ~ 妙行寺ホームページへようこそ

5月の法話(平成30年)

5月の法話(平成30年)

原文…凡小修し易き真教 愚鈍往き易き捷径なり (教行信証 総序)
現代語訳:浄土真宗は凡夫にも修めやすい真実の教えであり,愚かなものにも往きやすい近道なのであります。

近年はカーナビゲーションやスマートホンなどの普及によって,私たちの移動も大変し易くなりました。
名称や住所・電話番号などを入力したり,自分の行きたいところ(目的地や施設・お店)を尋ねると,コンピュターが探し出してくれます。行ったことのない所に行くときや,いろんな施設・お店を探す時には大変便利ですね。

以前,あるお寺にご法話に行った時の話です。初めて行くお寺でしたので,カーナビゲーションを頼りに行きました。ところが,目的地(そのお寺)の目の前までは案内してくれたのですが,「目的地周辺となりました。音声案内は終了いたします。」と終わってしまいました。ところが,その場所は,目的地(P)と示されたお寺へのちょうど三差路の地点でした。はてさて,それからがどの道を行けばよいのかわかりません。そこで,そのお寺の場所(目的地 P)に行きそうな,一番大きなしっかりとした,上に登っていく道を選んでみました。ところが,行けども行けどもお寺(目的地 P)の場所には着きません。むしろ,画面ではどんどんどんどんお寺からは離れて行ってしまいます。『これはいけない! この道できない。』と気づいて引き返しました。そこで,その次に大きな下へ下る道を選んでいきましたが,これも同じでした。

『これは困った。どうしよう?』と悩みながら,最後に残された真ん中の道を見てみました。けれども,この道は大変狭く,『自動車が通れるだろうか?』というような道でした。途方に暮れた私がふと見ると,そこに年の頃は幼稚園児かなというような姉弟が遊んでいました。そこで,私はお姉ちゃんにお寺へ行く道を尋ねました。すると,『狭い道ですが,この道を真っ直ぐに進んでいくとお寺に着きますよ。』と教えてくれました。そして私は,教えてもらったその道を進んで,やっと目的のお寺にたどり着くことができ,本当に一安心したことでした。

私がお寺(目的地)に到着することが出来たのは,ひとえにこのお姉ちゃんのおかげでした。そして,このお姉ちゃんと私の違いは知識でも経験でもありません。「到達する道を知っているか,否か。」ということにつきると思います。


4月の法話
3月の法話
2月の法話
1月の法話

平成29年 今月の法話
平成28年 今月の法話

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional