~つながる・集う・育つ~ 妙行寺ホームページへようこそ

門徒会

妙行寺門徒会

親鸞聖人の教えを学び お念仏を次代に伝えるために

門徒会

妙行寺門徒会は、妙行寺のご門徒の皆さん全員が会員です。

会の目的は『親鸞聖人を宗祖とあおぎ、浄土真宗の教義をひろめるため僧侶・門徒その他の信徒の教化育成を行う。この目的を達成するために、諸々の業務並びに礼拝施設及びその他の施設の維持管理を行う』(会則第一条)会です。この会則に則り①教化(教えをひろめる)②護持(施設等をまもる)を2つの柱として事業を進めています。

①教化については教えをひろめるための主催行事、並びに印刷物の発行等です。
②護持については、営繕事業・火災保険・諸負担金・門徒会積立金などです。


門徒会の事業内容

特別法要

親鸞聖人報恩講法要(11月)・親鸞聖人御正当会法要(1月)・彼岸会法要(3月・9月)・永代経特別法要(4月・10月)・総門徒追悼法要(9月)・役員物故者追悼法要(4月)・元旦法要等

主催行事

全所属団体合同研修会(9月)・役員研修旅行(10月)・ふるさとたにやまぼんおどり(8月)・平和の鐘といのちのコンサート(8月)・はなまつりFESTA(4月)・ごうたんえ(5月)・除夜の鐘年末のつどい(12月)・七草のおまいり(1月)・七五三のおまいり(11月)・御堂コンサート(7月・1月)・震災支援の集い(3月)等

護持積立

本所本堂内陣(仏具)・本所本堂(建物)・門徒会館(建物)・門徒会館(備品)・待合所・出張所本堂内陣(仏具)・出張所本堂(建物)・鐘つき堂・本所庫裏(事務所)の火災保険積立と門徒会積立金

印刷物等

妙行寺だより「みのり」(年2回)・妙行寺カレンダー(年1回)・法話と行事のたより(毎月年12回発行)

妙行寺門徒会は、会員の皆さんの門徒会費によって運営されています。
会費は年間(一世帯)2,000円です。新規入会の方にのみ入会金10,000円をご負担いただきます。門徒会会員の方のみが納骨堂を使用することができます。


行事報告

平成28年度
門徒会役員・参与研修旅行の報告


平成27年度
門徒会役員・参与研修慰安旅行の報告

戻る

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional