~つながる・集う・育つ~ 妙行寺ホームページへようこそ

映画観賞会「ゆずの葉揺れて」20180902

映画観賞会「ゆずの葉揺れて」(平成30年9月2日)

門徒会の日記念行事報告

今年の門徒会の日記念行事は、従来の講演会と異なり映画上映会をさせていただきました。

上映したのは鹿児島市喜入を舞台にした「ゆずの葉ゆれて」です。「ゆずの葉ゆれて」は、椋鳩十児童文学賞を受賞した佐々木ひとみの小説「ぼくとあいつのラストラン」を実写映画化した人間ドラマ。美しい自然に囲まれた鹿児島の農村を舞台に、数々の困難を乗り越えて昭和を生きぬいた老夫婦の思いに触れて成長していく少年の姿を描く作品です。

77席準備して安心していたら、全く足りず100名ほどの参加をいただきました。

神園浩司監督と上映支援の会事務局長で、コーディネートプロデューサーの吉永一己さんの、制作にあたっての貴重なお話も聞けました。生きること・支えあうこと、そして死ぬことをも優しく問いかけられながら考える、とてもいい時間でした。

ゆずの葉揺れて ゆずの葉揺れて

ゆずの葉揺れて ゆずの葉揺れて


戻る

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional