~つながる・集う・育つ~ 妙行寺ホームページへようこそ

喪中のお正月

喪中のお正月

昨年家族がなくなったのですが、お正月には餅を飾ってもよいのでしょうか

身近な人が亡くなった時に慎んだ生活を送る期間のことを「喪中・喪に服す(服喪)」というようです。

過去の歴史を振り返りますと、為政者がこの「服喪」に関する規定を定め、厳しく管理していました。祝い事をしてはいけないという規定もありました。しかし近代になってそのような規定はなくなりました。けれども慣習として(昔からしている・みんながしている)今でも残っています。

ただし、喪中とはいろからいつまでですかとお尋ねしますと、実際には「わからない」という方がほとんどです。わからないけれども昔からしている、回りもしているのでそのことに従っているということでしょう。

亡くなった人がいるから、お餅を飾るのはどうかという質問に対しては、特に餅を飾ってはいけないという縛りはありませんというのが、私どもの答えです。

戻る

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional